スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまニーチェと森のワルツ

201109221642001.jpg

木曜日の昼下がり。
我が家には、サーカスのくまさんがやって来る。
田村先生a.k.a.”くまニーチェ”。
新たな森の仲間が加わる。

くまニーチェは、ひと仕事の前に必ず大粒の汗をかいている。
入退場だけでも見物のサーカスだ。

くまニーチェは真剣に、面白い。
くまニーチェは真剣に、不真面目だ。
くまニーチェは温厚で、辛口だ。
くまニーチェは笑顔と自虐ネタがお得意だ。

リハビリという名のサーカス中、寝室は笑いが絶えない。
妙な森のダンスは、目が合うだけで笑えてしまう。

くまニーチェの格言。「体の一部分を、使える時にしか使わないのは、リハビリではない。」
使いづらい時でも、日頃からバランス良く動かす練習をしろ!ということだ。
例)天畠氏の左腕は、右腕より拘縮が強く動かしにくいが、聞き取りはあえて左腕を意識して使ってみる等。

サーカス後、くまニーチェからタバコ臭がした。
くまニーチェには、はちみつの香りでいてほしい。

サーカスを終えると、
くまニーチェは愛車バイクに飛び乗り、ヘルメットに精一杯に頭をしまい込み、颯爽と退場していく。

見る者は、バイクがあたかも三輪車に見える魔法にかかる。
束の間のサーカス。
これから、毎週の楽しみが増える。

皆さんも、ぜひ幻のくまニーチェ・サーカスをご覧あれ。

(ヘルパー こけ)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://daijob220.blog106.fc2.com/tb.php/92-2a33d97f

Comment

kuro

[ヘルメットに精一杯に頭をしまい込み]で爆笑してしまいました。

ほんとにおもしろい人^^また会いたいな。

大さんとブースに行くことも最近ないね(ショボーン)
  • URL
  • 2011/09/24 14:00
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

天畠大輔

Author:天畠大輔
    

14歳のとき医療ミスにより四肢マヒ・言語障害・視覚障害を負う。
以降、1日のほとんどを車いすで生活している。
2010年4月立命館大学院博士前期課程に進学。
今のわしの夢は、
・大学院にて、「聴覚走査法(Auditory Scanning)を中心とした拡大代替コミュニケーション(AAC)を用いた際に生じるタイムラグ」を専門に研究し、障がい者がよりよい生活を送れるようにすること、
・フランスのALISのようなロックトインシンドローム(全身麻痺だが意識や知能は全く元のまま)の支援者の財団を立ち上げること、
この2つです。
夢に向かって今日も素敵な仲間たちと勉強に励んでいます!

Twitter

天畠大輔 < > Reload

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。