FC2ブログ

2014.1.17

こんにちは。ヘルパーのヤマザキと申します。
日曜日から産休に入りました。身重の私をギリギリまで働かせてもらい、
本当に本当に感謝しています*
スカイファームでお仕事をさせてもらって、私の知らない世界や感覚を
本当にたくさん教えて頂きました。未熟で弱い私にとって天畠大輔さんと
出逢えたことは、これからの人生の大きな財産です。



私は、大さんと三鷹のスタバによく通いました。私の重いのか軽いのか
わからない秘密の悩み笑を、大さんには聞いてもらって、一言でも心に
ドキっ!とくるような的確なアドバイスをもらっていました。

大さんは私のことをどんな人だと思っているのかな?といつもいつも
思っていました。でも大さんは発話障害が有る為に、それを知ることは難し
くて、それを知れたらもっと良い介助が出来るのに・・・と考えていました。

でも、今はそれは必ずしもそうではないと考えています。
実は年末に私は主人と大喧嘩をしました。その時に、もう3年も一緒に暮らして
いる主人の私に対する思いを、私はたくさん話して解っていると思い込んでいたのに
結局は何も解っていなかったということを知りました。
自分をどう思っているかだけを相手に聞いて安心したり怒ったりして、
相手を想うことを忘れ、いつの間にか自分を愛してもらう為だけに主人を
愛していたんですね・・・。

大さんの思いを簡単に詳細に知ることは、簡単ではないですが、別にそれを
私が良い介助が出来ない言い訳には出来ないのだということを実感しました。
相手がきっとこういう気持ちだろうから、といつも思いやることができれば
例えそれが、相手の思いと違っていても、そうしたことはお互いに何となく
通じ合って、お互い辛い気持ちをもつことはないのかもしれません・・・。



ちなみに今は本当に想いあっていける世界一の夫婦、家族を目指して二人で
頑張っています・・・。というか色々な方がご覧になる大さんのブログなので
このプライベートの話は、フィクションです、と言った方が差しさわりないです
よねー。失礼いたしました。笑。

私はスカイファームの皆さんが大好きです。また一緒にお仕事をさせて頂けたら
こんなに幸せなことはありません。

(ヤマザキ)


やまちゃんと大輔

またスタバ行くぞ!(ダイ)

Pagination

Utility

プロフィール

天畠大輔

Author:天畠大輔
    

14歳のとき医療ミスにより四肢マヒ・言語障害・視覚障害を負う。
以降、1日のほとんどを車いすで生活している。
2010年4月立命館大学院博士前期課程に進学。
今のわしの夢は、
・大学院にて、「聴覚走査法(Auditory Scanning)を中心とした拡大代替コミュニケーション(AAC)を用いた際に生じるタイムラグ」を専門に研究し、障がい者がよりよい生活を送れるようにすること、
・フランスのALISのようなロックトインシンドローム(全身麻痺だが意識や知能は全く元のまま)の支援者の財団を立ち上げること、
この2つです。
夢に向かって今日も素敵な仲間たちと勉強に励んでいます!

Twitter

天畠大輔 < > Reload

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: