スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の天体SHOW!

みなさん、こんばんは! ヘルパーなかそでございます。

私事ですが、先日、御徒町の「2k540」(ニーケーゴーヨンマル)にて、伝統工芸の職人技を堪能してまいりました。
創業明治25年の桐箪笥メーカーから、新潟・柏崎のガラス工芸まで、いろいろ。
非常に面白いです。ぜひ一度、足を運んでみては。

さて、来たる5月21日朝7時頃、「金環日食」がおこります。

太陽と月が地球から見てほぼ同じ方向にやってきたときに、
太陽がまあるい環になって見えるという、非常に珍しい現象。

しかも今回は離島だけではなく、
東京や大阪、名古屋など、太平洋側を中心とした広いエリアで見ることができるそう。

これほど広範囲で見られるのは、西暦1080年以来932年ぶりの出来事であり、
そしてさらに、次に東京で金環日食を見られるのは、なんと300年後!

これを見ないと死にきれない…。
俄然、気合いの入る大さん。

では早速、と日食観察グラスを買い求めましたが、事が事だけに残念ながら品切れ状態。
それならば、と勢いで作ったのがこれ。

日食

サングラスに青いフィルムを重ねてテープで貼り付けた、巨匠・大輔母の力作。
なんだかよく分からないけれど、かっこいい!?

じゃあ、あとは明日の朝を楽しみに…?否!
特別研究員の天畠大輔氏は、もちろん予行演習も欠かさない。

プレ観察

燦然とかがやく、3つの太陽。

最後に気になるのは天候。
予報では曇り空とでていますが、観察に支障はないそう!
みなさん、世紀の天体ショーを楽しみまSHOW!


それでは、再見! 



PS:日食観察グラスをお持ちの方は、捨てないほうがいいですよ。
   6月6日には、太陽の上を金星の小さな丸い影が動いていく、「金星の日面通過」が観察できるらしいです^^
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

天畠大輔

Author:天畠大輔
    

14歳のとき医療ミスにより四肢マヒ・言語障害・視覚障害を負う。
以降、1日のほとんどを車いすで生活している。
2010年4月立命館大学院博士前期課程に進学。
今のわしの夢は、
・大学院にて、「聴覚走査法(Auditory Scanning)を中心とした拡大代替コミュニケーション(AAC)を用いた際に生じるタイムラグ」を専門に研究し、障がい者がよりよい生活を送れるようにすること、
・フランスのALISのようなロックトインシンドローム(全身麻痺だが意識や知能は全く元のまま)の支援者の財団を立ち上げること、
この2つです。
夢に向かって今日も素敵な仲間たちと勉強に励んでいます!

Twitter

天畠大輔 < > Reload

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。